10 3月

確定申告をする

主人が自営業で仕事を始めてから、事務的な処理を私が主にやっていた。
今、思うとわからないところからの始まりで、よくやってこれたなと思うほどだった。
普段は簡単な事務しかしていないのだが、確定申告の時期がくると、徹夜をするときもあり、すごく一年で疲れがたまる時期と思っていた。
しかし、主人は仕事をしているので、書類類までやらないといけないとなると、きっと毎日夜中に帰ってくることになるだろう。
それが毎日続くとと思えば、助けてあげなければと思って、やってしまうのだった。
数字がたくさん書いてあると、自然と眠くなってくるぐらい、大変な事務作業だが、これが終われば、しばらくは、楽になる!と思い、頑張ってやっていた。
主人は私がいないとこで、すごく頼りにされている。
そんな主人がすごいなと思った。
確定申告の時期は毎年、夜中まで頑張っているので、子どもは祖父祖母のところにいっている。
仕事に対して、理解のある両親と子どもでよかったと思った。
大量にあった、仕事が無事に終わり、確定申告も済ませた。
すると、少しだけどと寸志がもらえたので、友達と飲みにいくことにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です